「ふくわらい」

西加奈子さんの作品。
主人公は書籍編集者の鳴木戸定という女性。
まるきど・さだという名前が象徴するような
非現実的な展開についていくのがたいへんだった。
だが最後の場面からは
自分の好きなことをして生きていこうよという
意外なほど普通のメッセージが浮かんできた。
スポンサーサイト

0 コメント

コメント投稿