「水の柩」

道尾秀介さんの小説。
「誰もが生きていくため必死に嘘をついている」
この帯の惹句に完全にやられてしまった。
期待を裏切らない読み応え。
スポンサーサイト

0 コメント

コメント投稿