「月と雷」

”不意の出会いはありうべき未来を変えてしまうのか”という
帯の惹句に導かれるようにして手にした角田光代さんの作品。
***********************************************
はじまったらあとはどんなふうにしてもそこを切り抜けなきゃなんないってこと、
そしてね、あんた、どんなふうにしたって切り抜けられるものなんだよ、
なんとでもなるもんなんだよ。
                       角田光代「月と雷」より
***********************************************
なんかじわーっとしみてくるなあ。
スポンサーサイト

0 コメント

コメント投稿