私のこと、好きだった?

林真理子さんの小説。
40代後半の女性の恋の話。
その当時私は「もうこんな年・・」と嘆いたが、
なあに、今思えば「まだ・・」だったのだ。
恋せよ、40代。
スポンサーサイト

0 コメント

コメント投稿