2015_09
22
(Tue)21:54

中秋の名月

1991年の中秋の名月は9月22日、きれいな月夜だった。
病床にあった父にも見せようと半身を起こそうとしたが、
「もういい」と言われた。

夏の頃から徐々に弱ってきていたので、
もう健康を取り戻すことは難しいと分かってはいたが、
今日明日に別れが迫っているという実感はなかった。
夜が来て眠れば、おはようと声をかける朝がくると思っていた。

しかし、その一言で愕然とした。
息をするのも苦しい病人なのだから観月どころでないのは当たり前だった。
私は今にも父をこの家から送りださねばならないことをようやく理解したのだった。

そして、5日後の9月27日が命日となった。
24年も前のことだが月を愛でる季節になるといつも思い出す。

スポンサーサイト
«  HOME  »
  金木犀

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック