2015_08
09
(Sun)09:18

救急車

新聞もテレビも熱中症に注意と連呼。
病院に運ばれた人が何名と数字も出される。
うちの周りは高齢者の世帯が圧倒的に多い。
そういえばこの夏救急車のサイレンよく聞く。
以前より増えている・・・ような気がする。
私も冷房が苦手なほうだが、
そんな悠長な事を言っている場合ではなさそうだ。
スポンサーサイト
«  HOME  »
  変化

C.O.M.M.E.N.T

家の中での発症が多いんですってね!

原チャで走っていても必ず、救急車と遭遇します。
必要以上に左に寄っています。
意外に外より室内が多いのだそうです。
昨年、義母が様子がおかしくなって・・
幸い、義兄が異変に気がついて~
すぐに病院に運んだのです。一歩手前でした。
かなりの臓器がダメージを受けているとの診察でした。
入院は3か月に及びましたが、復帰しました。
水を飲むのは嫌い、冷房は嫌!と通していました。
先日、参りましたら『あたしゃー去年、死んでたんだ!』と
少し自慢げに申しますので、お水は薬と思ってねと諭しました。
実は私もあまり水を摂らないのです。
エアコンは28度に設定して~使っています。
近くで救急車の音がすると中央線の事故も気になります。
5月の半ばにコーラス♪の仲間が(義母さんの介護中で休会中)会の代表でお別れに駆けつけました。
その時も救急車の音がけたたましかったです。
それから一昔前の朝の通勤時間にもウーウーと(お向かいのお兄ちゃん)
昨日も遠くでけたたましくて・・・
中央線の人身事故は多すぎます。
熱中症やもろもろ、胸が痛みます。

上手に室温もコントロールなさってくださいね。
もはや、他人ごとではないですものね。

2015/08/10 (Mon) 15:28 | nobara #Ma54l7SQ | URL | 編集 | 返信

To nobaraさん

屋外かと思いましたら、
高齢者は家の中も危ないそうですね。

若い頃は冷房は贅沢という気持ちがあり、
それで我慢できていたわけですが、
こんなふうに気候が変わってしまったのですから、
意識も変えて室温を調整しないとだめだと
最近強く思うようになりました。
28度あたりで十分快適ですしね。
頑固ばあさんを続けていると周りの人に
迷惑かけてしまうことも分かってきました。

何事によらずほどほどにコントロールするのが肝心、
しかし、それはたいへん難しいこと。
人の助言を素直に聞く耳を持たなきゃなあと自戒。

2015/08/10 (Mon) 23:28 | 立花友子 #Qi8cNrCA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック