2015_04
06
(Mon)21:05

ひとひらの花びら

思い立って満開の児童公園でお昼を食べた。
小学生らしき女の子が四人で遊んでいた。
そのそばのベンチでお弁当を広げる。
見るともなく見ているとそれぞれの個性がよく分かる。
リーダーシップをとる子、その子の意をくんで動く子、
全く気にせず自分の思うままに動く子。
子どもたちはこの私などに関心がないから
素の顔を見せているのだろう。
ときおり強い風が吹いて桜が舞う。
視線を下げたらひとひらが筍ご飯の上に。
待ちわびた春だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック