スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「壊れた自転車でぼくはゆく」

作者は市川拓司。
せつない恋のお話。
女性の主人公が男性が好みそうな性格に描かれている。
一言も不平不満を言わず夫を信じてついていく・・・。
なかなか難しいのでは、と現実的な感想をもつのは野暮か。

スポンサーサイト

- 0 コメント

コメント投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。