「笹の舟で海をわたる」角田光代

戦後の昭和を生きた女性の話。
共感する部分もあり理解できないところもあり。
題名が素敵だ。
頼りない小さな笹舟は私たちの人生そのものか。
スポンサーサイト

0 コメント

コメント投稿