2014_12
14
(Sun)19:06

「第二音楽室」

佐藤多佳子さんの短編集。
+++++++++++++++++++++++++
 一つひとつの音が宝物のように思われる。(略)
 息を合わせて気持ちを合わせて、四つの音を重ねていく、この音色。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
これはリコーダーカルテットの話だが、
他の楽器でもやはりアンサンブルは息がとても大事。
ぴたっと合ったときは最高でそれが合奏の醍醐味なのだろう。
作者の公式サイトに行ってみたら
掲示板があって書き込みへの丁寧な返事があった。
それを読んでいたらまた別の本も読みたくなってきた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック