2016_04
16
(Sat)23:17

熊本地震

14日以来熊本を中心として大きな地震が続いている。
最初の揺れでかなりの被害が出て余震に注意と言っていたのが、
16日未明にさらに大きな規模の揺れが襲ってきた。
結局これが本震だったと報道されている。

「日本の主な活断層」という地図を見ると
そのあまりの多さに愕然とする。
どこでも大地震が起きておかしくないのだそうだ。

再稼働決定が出されたばかりの川内原発も例外ではないはず。
せめてもう少し収まるまで原発は停めたらいいと思うが、
原子力規制委員会はその必要なしの判断だそうで、
担当大臣もそれを追認する発言をしている。
事故が起きてからでは遅いのではないか。
スポンサーサイト
2016_04
14
(Thu)16:08

月半ば

予定をしていても天気が悪かったりして、
いわゆる名所にも行くことなく花の季節が終わりそうだ。
とはいえ近所では毎日のように眺められるし、
電車から、ちらと見ることもできたし、まあ不足はない。
古い木があんなに華麗に花を咲かせるのを見ると
さあ今年もがんばっていこうという気になる。
2016_04
13
(Wed)23:28

汝の隣人

夕方のラッシュアワーの少し前の頃、電車での帰路。
特急の待ち合わせで停車中の各駅電車に乗る。
座るとすぐに加齢臭かと思われるものすごい悪臭に気付く。
特急に乗り換えるふりをして降りて別の車両に入る。
ふうぅ端に座れた、隣もいないし、これで安心とひと息つく。
特急が到着し、乗り換え客で車内は混んできた。
同世代の男性が隣の席に座った。
どれだけ飲んだらこうなるの的な酒臭さを盛大にまき散らす。
今日の帰り道はなかなかの苦難の連続だった。

2016_04
09
(Sat)16:13

ふるさとのなまり

30数年前、転居したての頃は、仕事の都合もあって
生まれ育った地のなまりを消そうと非常に努力した。
この地で育った友人たちのイントネーションを聞いてまねたものだった。
大体ネイティブっぽく話せるようになるまでには笑い話のような失敗談もたくさん。

そうやってまるで厭うべきもののようにして離れてきた名古屋弁が、
今になって使いたくてならない。
方言丸出しの東海地方のラジオ番組を聴けるようにしてみようかと調べたり、
コテコテの名古屋弁で独り言を言ってみたり。

故郷で暮らした年月よりこちらのほうが長くなったというのに
かの地かの人たちがこんなに懐かしい。
2016_04
04
(Mon)17:37

浮世は刹那なれば

ふらりと立ち寄った靴屋さんで驚きの軽さのスニーカーを見つけた。
刺激的なピンクとおとなしいブルーと二種類ある。
ピンクに一目惚れだったが”この年でヘンだよね”とブルーを購入。

早速翌日、これで外出。
こんなに歩きやすい靴は初めてと思うほど快適な歩行を約束してくれる。

えーい、浮世は刹那、咲かせよ華を、ではないか。
自分が好きなほうを選べばよいのだ、
人がどう思うかなんて知ったことでないとネット通販でピンクも入手。
どの服に合わせようか、バッグはどれがいいだろうか、と気分高揚。
というわけで、歩いて出かけたくてしかたない。