2015_08
30
(Sun)10:03

以下同文

出かける予定があるので服にアイロンをかける。
エアコンなしでも平気だ。
ヤマボウシの実がもう赤く色づいている。
と、まあ、このところ毎日同じようなことを言っているのだけれど。
スポンサーサイト
2015_08
29
(Sat)23:13

なにもしない日

今日は出かける予定なし。
やりたいことも特になし。
朝からぼーっとして過ごした。
エアコンはもちろん扇風機も不要。
熱い紅茶にケーキがほしくなる午後だった。
2015_08
27
(Thu)17:34

がんばれ

昼間は気温が上がったので蝉が再び鳴いている。
酷暑の今月半ば頃にはうるさいと感じたが今はそうは思えない。
日が傾いて淡い夕焼け空がひろがった。
涼しい風に乗ってまだ声が聞こえてくる。
2015_08
25
(Tue)20:12

23度

30度越えの日が続いて疲れ果てていたら、
今度は急降下。
湿度も低く何をするのも快適な一日だった。
まさかこのまま秋になることもないだろうけど。
蝉の声がやんでしまった。
木陰で焦っているだろうなぁ。
2015_08
24
(Mon)19:59

あしたのあしたのあした

電車で隣合わせた親子。
若いおかあさんが独り言のように言う。
「もう来週から始まっちゃうのよねぇ」
ぼうやが聞く。
「らいしゅうってあしたのあしたのあした?」

私はその懐かしい言葉を胸の中で何度もころがし味わう。

2015_08
23
(Sun)20:13

Yさんの会

今回集まったのは6人。
Kさんが骨折の後が完治せず苦しそうだった。
それぞれ何かしら抱えてはいるが、
とりあえずこの夏も顔を合わせることができた。
相変わらずのおしゃべりでひととき憂さを忘れる。
2015_08
09
(Sun)09:18

救急車

新聞もテレビも熱中症に注意と連呼。
病院に運ばれた人が何名と数字も出される。
うちの周りは高齢者の世帯が圧倒的に多い。
そういえばこの夏救急車のサイレンよく聞く。
以前より増えている・・・ような気がする。
私も冷房が苦手なほうだが、
そんな悠長な事を言っている場合ではなさそうだ。
2015_08
06
(Thu)09:01

変化

斜め向かいの家に小学生の男の子がいる。
二、三年前越してきた頃は道で会えば、こんにちはと頭をぺこり。
が、最近は下を向いて黙って通り過ぎるようになった。
そういう年齢になったのねと内心くすくす、こちらも合わせて無言。

夏休みの午前中は時々リコーダーが聴こえる。
初めて聴いたのは「ぶんぶんぶん」だったと思う。
ときどき音がはずれて可愛いといったらなかった。
それが今年は「星に願いを」「もののけ姫」である。
よどみなく美しい旋律が流れる。
2015_08
03
(Mon)13:45

優先席

こう暑いと駅までの短い距離も歩く気にならない。
バス停にはずらりとご同輩。
例によってかなり遅れてバスが来た。
席は全部埋まっていたし、
すぐに降りるのでドアに近いほうがいいと思ったので、
空いているつり革を探すうちに結果的に優先席の前に立った。
と、そこで座ってゲーム機を操作していた青年が中腰になった。
譲ろうか迷っているふうである。
「奥へおつめ願います」のアナウンスが流れる。
青年はまだ周りをきょろきょろ見ている。
「どうしたの、譲っていいのよ、さあ」と念力を送ったがだめ。
彼は腰をおろして、周りに立つ年長者を見ないで
前かがみの姿勢でゲーム機のボタンを猛スピードで叩き続けた。