2014_11
22
(Sat)10:25

娘の家

一昨年の2月24日に独居を始めた娘の家に
今日初めて遊びに行った。
三連休を甘く見ていてひどい渋滞に巻き込まれる。
予定よりかなり遅れて到着した。
狭いマンションの一室はきちんと整頓されていた。
うちにいた頃はどれだけ部屋を片付けるように言っても
どこ吹く風で散らかし放題だった。
なんだやればできるのかとみょうに安心する。

帰りの車は久しぶりに後部座席に二人。
おしゃべりをしようと思っていたら
娘はあっという間に口を開けて寝入ってしまった。
化粧もせず髪も整えない姿を見ていたら、
この子の一人暮らしのあれこれが思われた。
スポンサーサイト
2014_11
20
(Thu)23:56

墓じまい

実家の先祖代々の墓じまいをした。
供養をして合祀墓に遺骨を納め墓を撤去してもらう。
すべてを終えて冷えきった寺の庫裡の応接室に通されるが、
ここはお店のレジのようなもの。
手続きは簡単だったけれどすべてが金・金・金。
こういう対応にげんなりしたものの
このほうがこちらの気持ちが楽になるのは確かで。
しかしカネの話はあってもココロの話が一言もないって
宗教家としてどうなんだろう。
・・・・・事業家だから当たり前か。

両親の遺骨を分骨し持ち帰る。
こちらに求めた我々の墓は入居者がまだいないので、
ひと足先に入ってもらうことにしている。

お父さんお母さん、待っていてね。
2014_11
12
(Wed)22:44

脳神経外科

日曜の顔面強打以来頭痛が続くので、
近くの脳神経外科にいった。
即、頭部のCTスキャン。
骨折なし、出血なしで、この怪我に関しては一安心。
「年齢のわりには小さな脳梗塞が気になりますね」
なんて言われてしまった。
ううう、脳梗塞かぁ・・・まいったな。
2014_11
09
(Sun)23:58

道路でころぶ

友人宅で深酒をして駅からのバスを降りた途端、
地面がゆっくり顔に近づくのにどうにもならず、
気付くと地面に這いつくばっていた。
手足はもちろん顔から血が出ていたが、
歩けたのでともかく家を目指す。
さすがに恥ずかしくて、そそくさと布団に入る。
しかし目の上やら唇やら打った箇所が痛くてならない。
はげしい自己嫌悪と痛みに眠れない夜を過ごす。

2014_11
08
(Sat)13:49

過労死

22歳の若さで自死をした女性の記事を読んだ。
どれほどつらかったかと思うだけで胸が苦しくなる。
その話を娘にしたら
”お母さんがこの先もし身体が不自由になっても
死にたいなんて考えないでね”と返された。
それとこれとはちょっと違う気もするが、
家族の苦しみという点では同じなのだろうか。
2014_11
07
(Fri)12:52

来年の手帳

好みの手帳を手に入れた。
何だってすぐに忘れてしまうから、
これなしには生活できない。
次は卓上カレンダー選び。
やはり犬モノに落ち着く予感。
2014_11
05
(Wed)20:46

いわしの頭

年若い友人が認知症予防というペンダントをさげていた。
素敵なデザインで彼女はそれに魅かれたみたいだったけれど、
私はハーブの薬用効果のほうに興味をいだく。
テレビ番組で取り上げられて広まったらしい。
昼間はローズマリーとレモンがいいと聞いて
庭で邪魔者扱いされてる株があったことに気付く。
ぼうぼうに伸びたローズマリーを切り取って机に置いてみた。