Category: 読書  1/7

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

残念

No image

村上春樹「1Q84」Book1読み終えるのにたいへん苦労した。もう続きは読まなくていいという気分になった。主な登場人物に感情移入ができない。ま、今回は私の選択が失敗しただけ。選んだ本すべてが気に入るなんてありえないしね。...

  •  0
  •  0

「どんぐり姉妹」

No image

小説の主人公にありえない名前はよくあることだけれど、「どん」と「ぐり」の姉妹は非現実感が極まっている。これはある種のファンタジーですよ,とはっきりさせておきたいのかな。よしもとばななさんらしい作品で読み終えると気持ちがふわっと軽くなった。心に残る一節はこれ。「みんなたわいない会話をしたくてしかたないのに、一人暮らしでできなかったり、家族の生活時間帯がばらばらだったり、意味あることだけ話そうとして疲...

  •  0
  •  0

「壊れた自転車でぼくはゆく」

No image

作者は市川拓司。せつない恋のお話。女性の主人公が男性が好みそうな性格に描かれている。一言も不平不満を言わず夫を信じてついていく・・・。なかなか難しいのでは、と現実的な感想をもつのは野暮か。...

  •  0
  •  0

「笹の舟で海をわたる」角田光代

No image

戦後の昭和を生きた女性の話。共感する部分もあり理解できないところもあり。題名が素敵だ。頼りない小さな笹舟は私たちの人生そのものか。...

  •  0
  •  0

「不倫と南米」よしもとばなな

No image

ずいぶん直裁な題だが内容はそうでもない。読み進めるとアルゼンチンへ行ってみたくなった。テレビの旅番組でもあまり紹介されていないみたいだし。長時間の飛行機が苦手だから行くことはないだろうけれど。...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。