10年の月日

この家を建て替えたとき、外壁塗装は10年後にと言われた。

ずっと先のことと思っていたら、そうではなかった。

この家がまたお化粧直しを要求する2028年、私はどうなっているか。

うーん、やめよう、考えるの。


スポンサーサイト

ベトナムコーヒー

足場を組むのは二人の職人さん。

10時に「お茶をどうぞ」と声をかけたら

「コーヒー?」と返ってきた。

日本茶を用意したので「コーヒーがいいの?」と尋ねたら

よく分からないようだった。

やり取りが聞こえたのだろう、もう一人が

「すみませーん、こいつまだ日本語よく分かんなくて」

と笑いながら現れた。

ベトナムから来たというその彼も笑顔で頭をさげる。

3時はお砂糖たっぷりのベトナム風のコーヒーにしよう。


外壁塗装工事

今日から始まった。

といっても今日は打ち合わせ程度で明日足場を組むそうだ。

今月中には終わらせるというが、

お天気次第でもう少し延びるのかもしれない。

ちょっと気が重い。

家そして家族

ハウスメーカーの担当者が来た。

依頼してあった外壁塗装が始まる前に

一緒にご近所に挨拶に回った。

お向かいや両隣はよく見知っている仲なので、

気軽にお願いごとができた。

しかし真後ろのお宅はともかく、

その両隣とはほとんど交流がないので、

インターホンを押すときから緊張した。

その一軒はどうやら男性がお一人のようだった。

たしかずっと以前は家族は複数いらしたように思う。


うちのブロックも夫婦あるいは独居世帯がほとんど。

私とて慣れた家に住み続けたいが。どうなることか。

皆既月食

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という

なにやら魅力的な名前がつけられた今日の月。

幸運にも晴れて存分に眺めることができた。


少しずつ欠けていく様を見ると地球が動いていることを実感する。

普段地球が動く感覚はあまりない。

しかし遠くの空の様子でそれが感じとられる。

他者を通して自分を知るということだろう。

そういうことは他にもたくさんありそうだ。


娘とのチャット。

「月、見てる?」

「うん、ネットに動画がいっぱいあがってる。」

「実物を見てごらんよ。」

「えええ・・・寒いから見なくていい。」


私は何度も何度もベランダに出て

ぼうっと妖しげに赤い光を放つ月を見続けた。